ゆうさプロフィール

後藤ゆうさプロフィール

はじめまして、NE運命解析士の後藤ゆうさです。

変化していくこれからの生き方や、自分の才能、課題を知って、自分らしく生きる人をサポートするための活動を行っています。

親子共々、自分たちの人生の分岐点となった不登校時代の経験と、NE運命解析学®︎での学びを活かして、同じように悩む親子さん、お子さんの心を少しでも軽くできれば、という想いで発信しています。

******

高校時代の不登校がきっかけで、大学進学後、自分を変えたいという思い一心で、10ヶ月間のカナダ留学に。

日本での「当たり前」が「当たり前じゃない」環境で、自分の殻が破れ、態度の大きさと共に、体重も10キロ増量!

日本に帰国し、体重は戻るも、就職活動という壁にぶち当たり、路頭に迷っていた時、母の紹介でNE運命解析学®︎と出会う。

今までの教育、医療、社会の仕組み、これからの時代の変化や生き方などを研究された『宇宙人生理論』という膨大な理論と衝撃的な内容に、今までの悩みが悩みでなくなる。

さらに、親子で一緒に学ぶことによって、日々、お互いに良い影響を及ぼし合うことを体現中。

悩みは、知ることで軽減する

NE運命解析学®︎を学ぶことで、強く感じるのは、

「ただ知らないだけで悩むのは、もったいない!」ということです。

ほとんどの悩みは、知ることで軽減すると思います。

例えば、今までやったことがないことに挑戦する時、好奇心と同時に、

「○○なことが起こったらどうしよう・・」

「失敗したら嫌だな・・」

といった不安や恐れを抱いたことはありませんか?

そして、結局やろうと思っていたにも関わらず、やらずに終わってしまったり。。

けれど、もし自分の身近に、既にその経験をした人がいて、その人から直接、話を聞くことができるとしたら、どうでしょうか?

話を聞くことで、自分の中で具体的なイメージができるかもしれません。

アドバイスをもらうことで、自分のつまずきそうな部分を回避できるかもしれません。

すると、何も情報がなかった頃に比べて、グンッと挑戦するハードルが低くなると思いませんか?

人は、やったことがないから、恐れるのではなく、知らないから、恐れや不安を感じるのだと思います。

不登校時代

私は不登校になった時、「自分は社会不適合者なんだ」と自分で思い込んでいた時期がありました。

”自ら学校に行かないことを選ぶ”ことができるほどの知識も情報も持っていなかったからです。

当時は、学校に行くのが当たり前、という社会の常識という名の価値観にがんじがらめになっていました。

「学校に行けない自分がおかしい」→「自分はもうダメな人間だ」

と見るだけでも気が滅入りそうですが、当時は、自分の考えを”疑う”ことさえもできませんでした。

それだけ、「知らない」ということは、自分で自分の首を締めてしまう可能性もあるんです。

ぜひ話を聞きにきてください

もしかしたら、今あなたの抱えている悩みも「知らない」ことが原因かもしれません。

NE運命解析学®︎では、これからの生き方や、あなたの気づくべきところや伸ばしどころまで、お伝えすることができます。

一度、私たち親子の話を聞いてみませんか?

実体験を通してお話させていただきます。

知ってどうするか?は、あなたの自由です。

まずは、気軽にラインからのご連絡でも大丈夫です。

お待ちしてます!

友だち追加